医療レーザーを使った脱毛方法

かつては、電気針を使った永久脱毛が多く行われていましたが、最近では医療レーザーの利用者か増えています。

光や医療レーザーを使った脱毛をする人が、この頃では珍しくなくなってきているようです。どうして、電気針を使う脱毛をする人が少なくなってきたのでしょうか。

電気針のデメリットは、ムダ毛の1本1本に電気を通して脱毛をするため、時間がかかることや、激しい痛みを生じることでした。その点、光や医療レーザーは痛みが軽く、短時間で済むという利点がありました。

光と医療レーザーでの脱毛は、どこが違うのでしょう。医療レーザーによる脱毛方法は、黒色に反応するレーザーを使い必要な部分に照射する事で、毛根の幹細胞を変形させて脱毛します。

光を使う脱毛も、手法自体は医療レーザーと同じです。脱毛したい部分に光をあてることによって、一度剃った毛が新しく生えてこないようにします。肌全体にかかる負担が医療レーザーより低いことが、光脱毛のメリットです。

医療レーザーでの脱毛か、光での脱毛かどちらがいいか判断つかないという人もいますが、利点と欠点、両方があります。両方のやり方を十分に吟味した上で、自分にとってやりやすい方法を選択しましょう。

医療レーザーを使った脱毛は医療行為になるため、エステなど美容だけを取り扱っているような施設ではできず、医師の指導が必要になります。

医療レーザーではなく光脱毛は施術をする為の資格があるわけでは無いので、施術を担当する人の知識や技術に差があるのは事実のようですね。

脱毛した肌は、デリケート。お肌のアフターケアは、とても大切です。
Psホワイトクリームは、オールインワンジェルなので、簡単に毎日のお手入れができますよ。よろしかったらおためしください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です