レーザー脱毛と光脱毛の方法について

医療レーザーや光など、脱毛の手段は様々なものがありますが、どちらを選ぶべきなのでしょう。

ムダ毛の再生を防ぐ効果だけを問うのであれば、光脱毛より、医療レーザー脱毛の方が効率がよく、確実性の高い脱毛方法であるといいます。

実際に、脱毛力を決め手として、医療レーザーを選択するという人もいます。

しかし、脱毛部位によっては、アンダーヘアのような敏感な部分の脱毛は強い痛みがある場合があります。

痛みが苦手という人では、医療レーザーの痛みは強すぎると感じる人もいたといいます。施術を受けた後の1週間くらい発疹みたいなのものが肌に出来て、散々な目に遭ったという方もいるようです。

皮膚が刺激に弱い部分も、ムダ毛は生えます。そういった部分の処理は肌が負けたり、時間ばかりかかって脱毛ができなかったりします。お肌を傷めてしまうこともありますし、傷めたために化膿したり、傷がついた部分の肌にシミができたりということも起きますので要注意です。

医療レーザー脱毛は必ず医師の指導がありますので、安心感があります。言い替えれば、医療レーザーとは医者でなければ使えないほどの高出力の器機を扱うのです。

最近は、様々な脱毛技術がありますので、部位や状態によって選択的に医療レーザーを使うという方法もあります。光脱毛でも、十分に脱毛効果が期待できるという場合も少なくありません。

脱毛に関する知識を得ることはもちろん、気になる場所が見つかればまずは事前にカウンセリングを申し込んでアドバイスを受ける事をおすすめします。

医療レーザーを使った脱毛方法

かつては、電気針を使った永久脱毛が多く行われていましたが、最近では医療レーザーの利用者か増えています。

光や医療レーザーを使った脱毛をする人が、この頃では珍しくなくなってきているようです。どうして、電気針を使う脱毛をする人が少なくなってきたのでしょうか。

電気針のデメリットは、ムダ毛の1本1本に電気を通して脱毛をするため、時間がかかることや、激しい痛みを生じることでした。その点、光や医療レーザーは痛みが軽く、短時間で済むという利点がありました。

光と医療レーザーでの脱毛は、どこが違うのでしょう。医療レーザーによる脱毛方法は、黒色に反応するレーザーを使い必要な部分に照射する事で、毛根の幹細胞を変形させて脱毛します。

光を使う脱毛も、手法自体は医療レーザーと同じです。脱毛したい部分に光をあてることによって、一度剃った毛が新しく生えてこないようにします。肌全体にかかる負担が医療レーザーより低いことが、光脱毛のメリットです。

医療レーザーでの脱毛か、光での脱毛かどちらがいいか判断つかないという人もいますが、利点と欠点、両方があります。両方のやり方を十分に吟味した上で、自分にとってやりやすい方法を選択しましょう。

医療レーザーを使った脱毛は医療行為になるため、エステなど美容だけを取り扱っているような施設ではできず、医師の指導が必要になります。

医療レーザーではなく光脱毛は施術をする為の資格があるわけでは無いので、施術を担当する人の知識や技術に差があるのは事実のようですね。

脱毛した肌は、デリケート。お肌のアフターケアは、とても大切です。
Psホワイトクリームは、オールインワンジェルなので、簡単に毎日のお手入れができますよ。よろしかったらおためしください!